韓国語終結語尾‘예요/이에요(~です)’の使い方/입니다との違い

韓国語終結語尾예요/이에요 韓国語

韓国語の終結語尾である예요이에요(~です)の使い方についてご紹介します。

예요/이에요の発音

예요イェヨ이에요イエヨ

예요の発音はイェヨと書いていますが、実際にはエヨと発音している場合が多いです。

そのため、きっちりイェヨと言うよりは、エヨのほうが自然に聞こえると思われます。

예요/이에요の使い方

名詞・副詞(最後の文字にパッチムなし)+예요
名詞・副詞(最後の文字にパッチムあり+이에요

名詞や副詞に예요/이에요を付けて、‘~です’という意味です。

  • 언니가 좋아하는 과자예요.
    姉が好きなお菓子です。
  • 선배 덕분이에요.
    先輩のおかげです。

疑問文の作り方

예요/이에요を疑問形でとして使う場合のポイントは、

  • 話し言葉 ⋯ 語尾をあげる
  • 書き言葉 ⋯ 語尾に?を付ける

覚えやすいですね

  • 이 책은 얼마예요?
    この本はいくらですか?
  • 남동생은 학생이에요?
    弟は学生ですか?

예요ではなく에요になるケース

예요/이에요を学ぶ上で混乱しやすいのが、예요と에요どちらなの?という点かと思います。

結論から言うと、正しくは예요(パッチムありの場合は이에요)なのですが、아니에요のときだけが에요と表記します。

こちらは元となる아니다が名詞や副詞ではないためで、例外として覚えたほうがよいでしょう。

입니다との違い

입니다も日本語では‘~です’ですが、예요/이에요のほうが少しやわらかいニュアンスになります。

そのため、예요/이에요は店員さんや会社の同僚、学校の先生などと話すときに使います。

一方、입니다はテレビのニュースなどで聞くことが多いです。

ニュース番組ではアナウンサーの方の聞き取りやすい韓国語が聞けるので、勉強におすすめです。

KBSニュースというアプリで聞けます

加えて、会社の上司や取引先など、ビジネスのシーンでも使われます。

日本語では、どのような相手でも‘~です’で統一されているので使い分けが難しいですが、ドラマなどで語尾に注目して聞いてみると、だんだん身に付いてくると思います。

まとめ

今回は、終結語尾:예요/이에요についてお伝えしました。

‘~です’という意味を持つ예요/이에요は、입니다よりも日常的なので、たくさん使っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました