韓国語で‘ありがとう’は감사합니다?고마워요?違いを解説

ありがとうの韓国語 韓国語

韓国語で‘ありがとう’と伝えたいとき、감사합니다や고마워요など、使い分けを迷ったことはありませんか?

‘ありがとう’は感謝を表現する言葉だからこそ、状況に合わせて正しく使いたいですね。

そこで、今回は감사하다と고맙다の違いについて解説していきたいと思います!

推しに手紙やメッセージを送る際の参考としても、ぜひご覧ください!

감사하다と고맙다の違い

はじめに、韓国には感謝を表現する単語が2つ存在します。

감사하다は감사(漢字語:感謝)+하다(する)で‘感謝する、一方の고맙다は韓国の固有語で‘ありがたい’という意味です。

日本語に置きかえてみても、‘感謝する’よりは‘ありがたい’のほうがかしこまっておらず、親しみを感じますよね。

こちらの2つの単語は状況に合わせた使い分けをして日常にあふれています。

どのように使い分けをしているのか、さっそく見ていきましょう。

감사하다

1.감사합니다

韓国語でよく耳にする感謝の表現といえば、감사합니다ではないでしょうか。

日本語では「ありがとうございます」と訳されることが大半ですが、厳密には감사(感謝)+합니다(します)で감사합니다(感謝します)となります。

감사합니다が適しているシーン
  • 職場で上司や先輩に助けてもらったとき
  • 商品を購入してくれたお客さんを見送るとき

2.감사드립니다

「感謝いたします」を意味する감사드립니다は謙譲語で、表彰式や店内放送、ライブ会場のアナウンスなどでよく使われる表現なので、耳にしたことがある方も多いかもしれません。

日常生活ではほぼ使いません

감사드립니다が適しているシーン
  • デパートなどの館内放送
  • 表彰式のスピーチでお世話になった人へ感謝を述べるとき

3.감사해요

감사합니다よりもやわらかい印象を与える감사해요ですが、ほとんど使うことはありません。

ただ、文法的には間違いではなく、ドラマなどでもたまに감사해요と言っているのを聞きます(『私の夫と結婚して』でもスミンが課長に言っていました)

감사해요が適しているシーン
  • 親しい先輩や年上の友人に何かしてもらったとき

고맙다

1.고맙습니다

日本語では감사합니다同様、「ありがとうございます」と訳される고맙습니다ですが、韓国語では少しニュアンスが違います。

どう違いがあるのかというと、감사합니다より고맙습니다のほうが、やわらかく親しみが感じられる表現になっています。

고맙습니다が適しているシーン
  • 年齢が近い上司や先輩に職場や学校で感謝を伝えたいとき

2.고마워요

고맙습니다よりもさらにやわらかい印象を与えるのが、고마워요です。

敬語であることに変わりはありませんが、幅広い場面で使うことができます。

고마워요が適しているシーン
  • 友人や恋人などに日頃の感謝を改めて伝えたいとき
  • 飲食店の店員さんやお客さんに親しみを持って「ありがとうございます」と言いたいとき

3.고마워

고마워は고맙습니다と고마워요をパンマル(タメ口)にしたもので、「ありがとう」を意味します。

家や学校、職場などで気軽に使うことができますが、パンマルであることから相手との関係性を考えることが重要です。

고마워が適しているシーン
  • 学校で友人に教科書を借りたとき
  • 恋人がお店の予約をとってくれたとき

推しに感謝を伝えたい!

  • 일본에 와주셔서 감사합니다.
    日本に来てくれてありがとうございます。
  • 태어나줘서 감사해요.
    生まれてくれてありがとうございます。
  • 편지를 읽어주셔서 고맙습니다.
    手紙を読んでくれてありがとうございます。
  • 항상 멋진 노래를 고마워요.
    いつも素敵な歌をありがとうございます。

まとめ

今回は감사합니다と고마워요の違いについてまとめてみました!

韓国語にはたくさんの‘ありがとう’の伝え方があることがわかりましたね。

相手との関係性や状況を見て、適した‘ありがとう’を使いましょう!

タイトルとURLをコピーしました