韓国のバレンタイン文化とは?スターバックスのグッズがかわいい!

韓国のバレンタイン 韓国情報

2月14日はバレンタインデー♡‧₊˚

1、2月はイベントが多くバタバタしがちですが、街でピンクやブラウンに彩られた光景を見ると、可愛くて気分があがります。

ということで、今回は韓国のバレンタイン文化についてまとめてみました。

さらに、話題になっている韓国スタバのバレンタイン限定グッズについてもご紹介したいと思います!

韓国のバレンタイン文化とは?

バレンタインといえば、日本では好意を持っている相手にチョコレートを渡すイメージがありますが、それは韓国でも一緒です。

ハングルでは발렌타인데이と表記され、チョコレートを渡す予定がある人にとって、ドキドキ・わくわくのイベントとなっています。

街に並ぶチョコレートたち

韓国ではバレンタインデーの2、3週間前からコンビニやスーパー、デパートなどにバレンタインコーナーが設置され、たくさんのチョコレートが並びます。

中でもバスケットチョコレートは韓国ならではで、本命の相手に渡すのが一般的です。

バスケットにはチョコレートはもちろん、ぬいぐるみなどが入っている場合も!

ただ、幼い印象を持つ人も多く、大人は箱などに入ったチョコレートにプレゼントを添えて贈ることがほとんどのようです。

義理チョコは渡す?

本命の相手ではなく、上司や友人にチョコレートをあげる、いわゆる義理チョコの文化は韓国にも存在します。

義理チョコは元々、韓国にはない文化でしたが、日本から伝わり‘의리초콜릿’‘기리초콜릿’と呼ばれ、現在ではすっかり浸透しています。

私が以前勤めていた会社では、バレンタインデーになると男性社員にチョコレートを贈る風習があったのですが、女性はみんなで渡すのに対し男性は個人で買って渡していたので、大変そうだなぁと思っていました。

でも、ホワイトデーは普段なかなか食べないようなチョコレートを食べることができるので、嬉しかったですᴖ.ᴖ

手作りチョコレートは少数派?

バレンタインデーに手作りチョコレートを準備する人のために、雑貨屋さんなどではラッピング用のグッズが販売されます。

とはいえ、韓国では手作りチョコレートを渡すのは少数派。

さらに、近年では電子クーポンで気軽に送ることができるため、手作りチョコレートはますます少なくなっていきそうです。

スターバックスのグッズがかわいい!

韓国スタバでは毎年1月にバレンタイン限定のグッズが販売され、かわいいと話題を呼んでいます。

ピンクとクマの組み合わせがかわいいですね!

ピンクのファーのトートバッグは肌触りがよさそうで、冬に活躍しそうです。

また、タンブラーは比較的シンプルで、シーンを選ばずに使うことができますね。

韓国スタバのバレンタイン限定グッズは、日本では残念ながら未入荷となっていますが、フリマアプリなどで買うことができるようです。

まとめ

今回は、韓国のバレンタイン文化についてまとめてみました!

韓国でも日本同様、好意を持っている相手にチョコレートを贈る文化があることがわかりましたね。

また、韓国スタバのバレンタイン限定グッズは人気が高いので、早めのチェックがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました